女の子のランドセルの色はカラフルに

かつて、ランドセルの色は男の子は黒色、女の子は赤色が定番といいますか、男女はこの色であるという固定概念がありました。なので、男の子が赤色、逆に女の子が黒色のものを背負う事はありませんでしたので、男の子が黒色のものを背負っていたら周りから変な目で見られていました。しかし、最近ではそれは性差別だという事でその固定概念は薄れつつあります。そのため、様々な色のモノが登場してきていて、選ぶのも楽しくなりました。小学校入学前には、扱っている百貨店やでハートなどで親子で一緒に選ぶ人もいれば、孫へのプレゼントとして送る人がいて様々です。やはり、色のバリエーションが増えたためであるといえるでしょう。

どのようにして選んだらよいのか

色のバリエーションが増えてきたことで、まず自分の好きな色から選ぶことに入る親子もいます。昔は、黒色と赤色だけであり男女別で色の区別もあり、個性を表すことはできませんでした。しかし、色のバリエーションが増えたことで自分の好きな色を選べるようになりましたので、色で自分のパーソナリティーカラーを表すことが出来るようになり、個性を表すことが出来るようになりました。そのため、目立つ色を選ぶ親子もいればそうでない親子もいて、まちまちです。また、市販のものを買う親子もいれば、中にはオーダーメイドで買う親子連れもいたりして、六年間という長い小学校生活に向けての準備を楽しくやっています。子供もピカピカの一年生と、心を弾ませていますので親としては楽しく小学校生活を送ってほしいと願っています。

六年間使うものだから慎重に選ぶ

ランドセルは基本的に六年間使うものです。一年生当時は体が小さく背負うのも一苦労でしたが、六年生にもなれば成長で軽々と背負う事が出来るようになります。そのため、今後の成長を考えて少しばかり大きめのものを買ってみたり、頑丈そうなものを買ってみたりとする親子もいます。子供の成長が一目でわかるものですので、一年生当時はピカピカでしたが、六年生になるころにはところどころに傷が出来ていたりしますが、多少の修理で使う人もいます。そして、女の子の場合はおしゃれとかに敏感で、キーホルダーをつけてみたりカバーをつけてみたりして、最低限のおしゃれを楽しんでいる事もあります。また、男の子と違い綺麗に大切に使っている子もいますので、六年たってもきれいなままの子も中にはいます。

直接手に取ってランドセルを見ることができるショールームがございます。すべてのランドセルは6年間の使用を考え、丈夫さと耐久性を兼ね備えた作りになっています。 社団法人日本かばん協会の品質保証によって、購入日から小学校卒業まで修理を保証致しております。 日本のランドセルで初めてとなる、文部大臣賞を受賞! ランドセル「KIDS AMI」のナース鞄工オンラインショップです。 女の子のランドセルを購入するならこちらをご覧ください

ピックアップ記事一覧